読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

肘下がりは「窓拭き」で改善する

 

f:id:murochan:20160622133603j:plain

 

こんにちは。

 

スポーツ動作改善・身体動作改善指導者の室田です。

 

今回は、野球・バレーなどで重要視される「肘下がり」についてお話します。

 

 

❏肘下がりとは

 

まず、肘下がりの定義についてお話します。

 

ゼロポジションという言葉をみなさんご存知でしょうか。

 

f:id:murochan:20160622133740p:plain

 

ゼロポジションとは、上腕骨と肩甲骨の肩甲棘と呼ばれる部分を結んだ線が一直線になることを言います。

 

このポジションは肩関節にもっとも負担がかかりにくいと言われています。

 

ボールを投げたり、スパイクを打ったりする際に、このポジションを作れるかが怪我のリスクを減らし、動作の効率をあげるカギとなります。

 

このポジションがうまく作れないと肘下がりが生じてしまいます。

 

 

❏なぜ肘下がりが生じるのか

 

肘下がりが起こる原因はたくさんあります。

 

トップの位置をつくる前後の動作が良くないと必然的に肘下がりは生じます。

 

もしくは、が正しいゼロポジションの位置を記憶できていない可能性があります。

 

その中でも今回は、このゼロポジションの位置の記憶についてお話します。

 

 

大脳基底核・小脳が動作を記憶する

 

大脳の中にある大脳基底核大ざっぱな動作の記憶をします。

 

小脳は細かい動作を記憶します。

 

f:id:murochan:20160622134212g:plain

 

より正確にゼロポジションの位置を記憶するためにはとくに「小脳」で記憶する必要があります。

 

 

❏ゼロポジションを脳に記憶する方法

 

ゼロポジションを記憶するのに最も良い方法は「窓拭き」です。

 

f:id:murochan:20160622134618j:plain

 

より高い位置の窓を拭くようにし、ある程度長い時間行います。

 

顔より高い位置の窓拭くことにより、ゼロポジションが作れます。

 

また、長い時間行うことにより、肩が疲れないよう楽な位置で行おうとするため、動作の効率のよいゼロポジションに自然とに入ります。

 

「窓拭き」を習慣づけて行うことで小脳にゼロポジションを記憶させ、実際のスポーツ場面でもできるようになります。

 

パフォーマンスも向上し、窓も綺麗になる!笑

 

なんてお得なのでしょう!!!笑

 

 

❏お問い合わせ

 

姿勢指導・スポーツ動作改善を受けたい方は、facebook・LINE・Twitterにて直接ご連絡ください。