読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

トップ選手の足首は細い

こんにちは。

 

理学療法士・スポーツ動作改善トレーナーの室田です。

 

今回はトップ選手の足首に着目したいと思います。

 

 

❏トップ選手は足首が細い

 

ネイマール選手」

f:id:murochan:20170205134411j:plain

 

フェデラー選手」

f:id:murochan:20170205134445j:plain

 

ダルビッシュ選手」

f:id:murochan:20170205134530j:plain

 

「大谷選手」

f:id:murochan:20170205134551j:plain

 

大谷選手は今回足を怪我しましたが、決して足首が細いから怪我をしてしまったということではありません。

 

噂では足関節後方インピンジメントと言われていますが、これは本来ない場所に骨片ができ、周辺の組織が挟まれることで痛みが出現します。

 

大谷選手はピッチングの際に足関節を底屈し、しっかりと地面を捉えています。

 

この足関節の底屈を繰り返し行うことで生じる「オーバーユース」が問題です。

 

話はそれましたが、なぜトップ選手は足首が細いのかを解説します。

 

 

❏足にもインナーとアウターがある

 

トップ選手の足首が細い理由はインナーマッスルが使えているからです。

 

足のインナーと言われてもピンと来にくいので簡単にあげていきます。

 

・後脛骨筋

f:id:murochan:20170205134706j:plain

 

・長腓骨筋

f:id:murochan:20170205134721j:plain

 

・長母趾屈筋

f:id:murochan:20170205134800j:plain

 

・長趾屈筋

f:id:murochan:20170205134820j:plain

 

これらの筋肉の腱は足首の周辺を通るのでうまく使えている選手は足首が細くなります。

 

またインナーが働くことができるとアウターとなる下腿三頭筋は活動したい時にできるようになるので瞬発性なども向上します。

 

 

❏足のインナーを使う方法

 

足のインナーを鍛えるためには先程の筋の運動方向にトレーニングを行うことで可能です。

 

しかし、トレーニングをすることで筋力がアップしても実際に使えないと宝の持ち腐れになってしまいます。

 

足のインナーを正しく使うためには、足の裏への「体重の乗せ方」が重要となります。

 

では、足の裏のどの部分に体重を乗せればよいのでしょうか?

 

 

☆オンラインによる無料動作改善体験を実施中☆

 

ピッチング・バッティング、その他のスポーツ動作の動画を撮って送るだけ!

 

後日改善するための方法を動画にて送信させていただきます。

 

詳しくはこちら↓

murochan.hatenablog.com

 

!!初回のみ無料体験実施中!!

 

お問い合わせはこちら↓

docs.google.com