読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

着地は自然と決まる

こんにちは。

 

理学療法士・スポーツ動作改善トレーナーの室田です。

 

今回は、投球動作の着地動作についてお話します。

 

f:id:murochan:20170202221349j:plain

 

 

❏着地は前後の動作の「結果」

 

着地で膝が内に入ったり、もしくは外に割れてしまったりする方は多くいらっしゃいます。

 

そこではほとんどの場面で、

 

「まっすぐ踏み込みなさい」

 

という指導をする、もしくは受けます。

 

この指導で着地動作が良くなることで、その前のステップ動作や後のリリース動作が良くなるのであればその指導は正しいと思います。

 

しかし、着地動作は良くなってもその前後の動作がうまくいかない方が多いのではないでしょうか?

 

つまり、着地動作は前後の動作の結果であり、自然とまっすぐ踏み込める状態が理想です。

 

 

❏着地は上体の回転に左右される

 

実は着地動作はステップ動作ではなく回転動作が正しくできるかどうかに左右されます。

 

例えば膝が内に入ってしまう方は、回転に入る際に背骨を反りながら回転してしまう方がほとんどです。

 

外に流れてしまう方は、身体の開きが早い方に多いです。

 

着地が悪いからといって、ステップ動作〜着地動作の練習をしても、いざボールを投げようとするとうまくいかない方がいるのはこのためです。

 

つまり、ステップ動作だけでなく回転動作もうまくできないと膝が割れてしまうのです。

 

☆オンラインによる無料動作改善体験を実施中☆

 

ピッチング・バッティング、その他のスポーツ動作の動画を撮って送るだけ!

 

後日改善するための方法を動画にて送信させていただきます。

 

詳しくはこちら↓

murochan.hatenablog.com

 

!!初回のみ無料体験実施中!!

 

お問い合わせはこちら↓

docs.google.com