読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

骨盤を積極的に回転させていませんか?

こんにちは。

 

理学療法士・スポーツ動作改善トレーナーの室田です。

 

 

今回はバッティングにおいての骨盤の回転についてお話します。

 

 

❏骨盤を積極的に回転させていませんか?

 

バッティングの時に股関節の内旋による骨盤の回転を積極的に作っていませんか?

 

 

確かに股関節の内旋による骨盤の回転は必要な動きです。

 

しかし、積極的に股関節を内旋することは間違いです。

 

やってみるとわかりますが着地足の股関節を積極的に内旋してしまうと、出したくないのにバットが前に出てしまいます。

 

これだと引っ掛けるスイングになってしまいます。

 

 

❏骨盤は回されるものである。

 

下半身のエネルギーを効率よく伝えるには、バットと骨盤の位置関係が重要となります。

 

具体的にはインパクト時に骨盤とバットが同じ向きであることが理想です。

 

f:id:murochan:20170120211941j:plain

f:id:murochan:20170120211958j:plain

f:id:murochan:20170120212023p:plain

 

バットの角度と骨盤の向いている方向が同じであることがわかると思います。

 

このことから積極的に骨盤を回転させると骨盤だけが開き、バットが遅れすぎてしまうため強い打球を打つことができません。

 

 

❏上体が回った分だけ骨盤が回転するイメージで振る

 

骨盤とバットの向きを合わせようとした際に、骨盤を動かすことで向きを合わせようとするのは難しいです。

 

スイングのイメージは

「上体が回転した分だけ骨盤が回転する」

ようにします。

 

よく先に骨盤が回転した後にバットを前に出すと言われていますが、実際は骨盤が回転し始めるのとバットが進み始めるのはほぼ同時なのです。      

 

f:id:murochan:20170120212227p:plain

f:id:murochan:20170120212317p:plain

 

骨盤を先に回そうとしてしまうと、上半身と下半身に良くないズレが生じてしまうので上体が回った分だけ骨盤が回転するイメージで振りましょう!

 

 

☆オンラインによる無料動作改善体験を実施中☆

 

ピッチング・バッティングの動画を撮って送るだけ!

後日改善するための方法を動画にて送信させていただきます。

 

詳しくはこちら↓

murochan.hatenablog.com

 

!!初回のみ無料体験実施中!!

 

お問い合わせはこちら↓

docs.google.com