読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

骨盤が立つと肩の動きが制限される

こんにちは。

 

スポーツ動作改善トレーナーの室田です。

 

今回は、骨盤と肩関節の関係性についてです。

 

 

❏骨盤が前傾すると肩の動きが制限される

 

腰を反ると骨盤が前傾(立つ)姿勢になります。

 

f:id:murochan:20161011205558j:plain

 

この姿勢では肩甲骨が下方回旋し、関節窩が下を向くため、上腕骨が下がりやすくなります。

 

f:id:murochan:20161011205855j:plain

 

 

わかりやすくいうと、肘が下がりやすくなります。

 

 

腰を反り、肩甲骨を背骨に寄せた状態で両手を横に挙げようとすると上がりにくいのがわかると思います。

 

投球動作で肘下がりが生じる選手は、肩甲上腕関節や肩甲骨の動きに問題があるのではなく、腰椎や骨盤の動きに問題があることもあります。

 

 

❏着地する手前まで骨盤は後傾位

 

投球動作でトップを作る際に、骨盤が後傾位であると肩が自由に動けるため、肘下がりも生じにくくなります。

 

f:id:murochan:20161011210046j:plain

f:id:murochan:20161011210112j:plain

 

腰を反らず、骨盤が後傾しているのがわかると思います。

 

その後、着地からリリースにかけて骨盤が前傾していきます。

 

リリース時には、すでに腕は上がっています。手が上がった姿勢で骨盤が前傾することで肩甲骨を胸郭上にロックし、腕の振りを一気に加速させます。

 

f:id:murochan:20161011210905j:plain

 

 

❏野球に限ったことではありません!

 

投球動作で説明しましたが、野球に限ったことではありません。

 

スパイダーマンは、骨盤が後傾し、肩が自由に使えるポジションで戦います(笑)

 

f:id:murochan:20161011210339j:plain

 

人がバンザイする時も、始めは骨盤が後傾し、挙上角度に合わせて骨盤が前傾していくのが理想です。

 

姿勢を良くしようと勘違いして、常に腰を反りすぎている方がいますが、使い分けが必要です。

 

よくイチローの腰割りをしている人がいますが、多くの方が腰を反って行っています。

 

実際に動作に反映する腰割りはイチロー選手のように腰が反らず、骨盤が立ちすぎないようにすることです。

 

f:id:murochan:20161011210642j:plain

動作に反映できるストレッチがパフォーマンスに直結します。

 

腰を反らずにこの姿勢がとれると、肩・股関節の連動性が向上します。

 

ぜひやってみてください!

 

 

❏お問い合わせ

 

整体・スポーツ動作改善指導を受けてみたい方は、FacebookTwitter、LINEでのメッセージをお待ちしております。

 

まずは、無料体験受付中!!