読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

バットのヘッドを簡単に走らせる方法

こんにちは。

 

スポーツ動作改善トレーナーの室田です。 

 

あなたは力任せではないスイングでホームランを打つ事ができますか?

 

 

❏ ヘッドが走るとは?

 

自分は小学生の時によく「バットのヘッドを走らせて打て」と指導を受けていました。

 

そもそも「ヘッドが走る」とはどういうことなのでしょうか。

 

当時の自分にはコーチが何を言っているのか全くわかりませんでした(笑)

 

私は10年間選手としてプレーし、動作改善トレーナーとなって5年経ちますが、ようやく「ヘッドを走らせる」という本当の意味がわかりました。

 

それは、バットのヘッドに慣性の法則を働かせるということです。

 

慣性の法則をうまく使ってスイングできるとヘッドが走るような感覚が生まれます。

 

 

❏ 慣性の法則とは?

 

慣性の法則とは「物体がその場に留まろうとする力」のことです。

 

よく電車が急ブレーキした時に、身体だけが進もうとする図が例として使われます。

 

 

f:id:murochan:20160729210118p:plain

 

 

❏ ヘッドを走らせるには慣性の法則が必要

 

こちら↓がヘッドに慣性の法則が働いてるスイングです。

f:id:murochan:20160729210436j:plain

 

f:id:murochan:20160729210448j:plain

 

トップの位置でヘッドが頭上にあり、その後の振り出しでヘッドがギリギリまで残っています。

 

慣性の法則によりヘッドが残ることで、バットが最短距離でボールに向かうようになります。

 

またヘッドが残ることで、その後のインパクトでは遠心力が増大しスイングが力強くなります。

 

これができると「ヘッドが走る」ような感覚が生まれます。

 

次に慣性の法則が働いていないスイングです。

f:id:murochan:20160729210723j:plain

トップの位置が身体から離れた状態にあります。

f:id:murochan:20160729210741j:plain

その後、重力に従うままヘッドが落下します。

 

これは俗に言う「アッパースイング」です。

 

バットは最短距離で出せず、ヘッドが残らずにはやく出てしまうことでエネルギーの伝達が効率よく行えません。

 

つまりヘッドが残ることが重要であり、そのためにはヘッドの重さを感じることが最重要となります。

 

 

❏ 山田哲人選手が行うあの動きがヒント!!

山田哲人選手は打席でこの動きをするようになってから打率が格段に上がったと言います。

f:id:murochan:20170607170912p:plain

f:id:murochan:20170607170943p:plain

 

この動きにはヘッドの重さを感じるためのヒントが隠されています。

 

だからといって「真似すればいいのか!」というと、それだけでは打率は上がりません。笑

 

 

❏ ここまで読んでいただいた方必見!!

 

実は

 

誰でも簡単にヘッドの重みをコントロールできるようになる方法があります。

 

↓↓↓さっそく知りたい方はこちら↓↓↓

docs.google.com