読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むだけでパフォーマンスが上がるブログ

一味違う身体の世界へようこそ

これをマスターしたら誰でも打てるようになる方法

 

こないだバッティングセンターにいってきました。

 
そこである重大なことに気づくことができました。
 
▫️バットにボールを当てるだけでは前に飛ばない
 
現代の野球界では、よく「最短距離でバットを出せ」と言われます。
 
しかし、腕力でバットを最短距離で出したとしても当たるかもしれませんが前に飛びません。
 
▫️バットは出すものではなく、出されるもの
 
これは身をもって証明できました。
 
f:id:murochan:20160403143953j:image
 
こちらの画像は手の力でバットを前に出そうとしているスイングです。
 
左肩が必要以上に下がり、体幹と上腕・バットが連動していません。
 
f:id:murochan:20160403144239j:image
 
次に、体の動きに引っ張られてバットが前に出ている画像です。
 
違いがわかりますか?
わかりやすいように2つの画像を並べてみます。
 
f:id:murochan:20160403144013j:image
 
左が腕力で振る画像、右が体の動きに引っ張られてバットが出る画像です。
 
比べてみると、体の動きに引っ張られている方は腹部に服のシワのようなものができており、体幹が先に回転しているのがわかります。
 
それぞれの方法で打った感想は、腕力でバットを出そうとして打つと、当たりはするのですが、バックスピンがかかり、ファールになりました。
 
体の動きに引っ張られてバットが出る方はライナー性の打球が多く出ました。
 
▫️なぜそれぞれの打ち方で打球の飛び方が違うのか
 
もちろん体の動きに引っ張られてバットが出る方が力が十分に伝わっているため飛ぶということもあります。
 
しかし、力が伝わっているだけでは前には飛びません。
 
重要なのは、「バットに対してボールがどの面で当たるか」です。
 
前に飛ばすためには、バットに対して垂直にボールが当たらないといけません。
 
つまり、腕力で振ってしまっている方は、バットとボールの面が一致していないということになります。
 
 
次の画像は2つの方法でバットにボールが当たる瞬間の比較です。
 
f:id:murochan:20160403150359j:image
 

右の方が体の動きに引っ張られてバットが出る方法です。

 
ボールを捉える位置が前ですね。
 
つまり、打つポイントはできるだけ前がいいということになります。前で捉えるとバットをボールに対して垂直に当てることができます。
 
▫️腕力で振ると、バットが前に出ない
 
腕力で振ると、バットや腕だけが先に出て行ってしまうので体幹が取り残されてしまうのでポイントを前にすることができません。
 
体の動きに引っ張られてバットが出る方は、体幹が回旋しているため自然にバットが前に出されます。
 
これによりボールの当たる面が変わるため、打率自体も変わってくるのです。
 
ギリギリまで引きつけて打ちなさいと言われるのは間違いではありませんが、いい選手というのは引きつけて、打つ瞬間は前で捉えているということになります。
 
 
では、どうしたら腕力ではなく、体の力でバットを振ることができるのでしょうか。
 
また投稿します!